2018年06月10日

第2回東京都障がい者空手道競技大会、第71回都民体育大会春季大会空手道競技大会結果

5月6日、第2回東京都障がい者空手道競技大会に成道会総本部道場から荒井達也選手が参加し、形・組手ともに準優勝の好成績を収めました。また、同日第71回都民体育大会春季大会空手道競技大会が開催され、狛江市空手道連盟として団体戦に成道会から精鋭の選手が参加しました。こちらは惜しくも2対3での敗戦でしたが、団結を深め、次の機会に臨みましょう。
参加された選手の皆さんお疲れ様でした。

pixlr_20180610223925026.jpg





















posted by seidokai at 23:08| 大会成績 | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

空手道を学ぶ 「体捌之型」演武

ある秋の日の稽古風景を紹介します。狛江少年空手道クラブです。この日は創師も好まれた体系での体捌之型の団体演武を思い出し、全員が半々に分かれ、向かい合う形でそれぞれが位置に着きました。そして、説明も無しに突如号令開始。

いかがでしょうか?
全体の調和が美しいですね。稽古生の皆さん、日頃の稽古をよく頑張って身に付けているのがわかりますよ。


posted by seidokai at 23:32| 空手道を学ぶ(玄制流基本型) | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

中学生クラス納会のもよう(12/21)

12月21日
中学生クラスの納会がありました。
中学生になると定期的なテストに加え、部活動やクラブチームの練習もあり、小学校に通っていた頃と比べると時間的余裕が少なくなる中、中学生クラスのこども達は休むことも少なく、しっかり道場に通ってきます。
最近は小学校高学年のこども達も参加し始め、中学生になってからも稽古を続ける強い意欲を感じます。

20171221_jh.jpg






















posted by seidokai at 22:57| 日記 | 更新情報をチェックする

第24回東京都シニアオープン空手道選手権大会の結果(11/26)

11月26日(日)
第24回東京都シニアオープン空手道選手権大会 東京都知事杯 が開催されました。
この大会は、「生涯、空手道を通じて人格形成を探求する」という観点から、30歳を過ぎて空手道を始め懸命に努力を続けている選手たちの晴れ舞台として、成道会の創始者・成川創師が東京都空手道連盟の役員として設立に尽力した大会です。
そのような経緯から成道会にとって特に思い入れの強い大会でもあり、毎年多数の指導員と稽古生が参加しています。

今大会の成績は下記のとおりです。
年齢を理由にせず鍛錬を続け、大会に出場する姿勢は生涯武道を体現するものです。参加された全選手の皆さま、お疲れ様でした。

◎形
女子の部(60歳代)
敢闘賞 野澤美知枝(指導員)

◎組手
・40~44歳代
準優勝 山崎勝(二子玉川)
3位 小西秀和(狛江)
・50歳代
準優勝 平野知広(総本部)
・60歳代
敢闘賞 浜田哲也(指導員)
敢闘賞 橋本泰明(日本橋)

◎組手競技団体
優勝 「コマえもん」
メンバー
平野知広(総本部)・小西秀和(狛江)・山崎勝(二子玉川)・ 黒米寿光(二子玉川)

敢闘賞「フェニックス」
メンバー
浜田哲也(指導員)・鈴木士郎(総本部)・太田毅(総本部)

20171126_シニア大会.jpg






















posted by seidokai at 22:55| 大会成績 | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

2017秋季の大会成績について

この秋に選手が参加した大会の成績についてお知らせします。
9月30日
第13回全日本障がい者大会
形3位、組手5位
荒井達也(総本部)

11月3日
港区秋季大会
組手 中学生女子の部
3位:山本歩実(二子玉川)

11月5日
大田区大会
形 小学3・4年生の部
努力賞(ベスト16):福岡淳之介(総本部)
形 中学生女子1年の部
3位:山本歩実(二子玉川)
組手 中学生女子1年の部
3位:山本歩実(二子玉川)
組手 シニア50歳以上の部
優勝:平野知広(総本部)
3位:浜田哲也(指導員)

参加した選手の皆さん、お疲れさまでした。
日頃の一生懸命な稽古姿勢が成績につながったものと思います。
次の機会でもベストを尽くして頑張りましょう。

pixlr_20171119142624867.jpg






















posted by seidokai at 23:01| 大会成績 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。