2016年07月24日

第30回東京都中学生空手道選手権大会

724日「第30回東京都中学生空手道選手権大会」が開催され、成道会から白松琳選手(総本部道場少年部)が、形と組手の部に出場しました。

白松選手はこの4月に中学生になり、授業や部活動など新たな環境に順応するまでの苦労があったことと思います。

そのような状況でもベストを尽くすため、工夫して時間を確保し自ら稽古を続けてきました。

レベルの高い選手が集まる東京都の大会で惜しくも成績に結びつきませんでしたが、大会に臨む過程と挑戦する姿勢は今後さらなる高みを目指すための良い糧となったと思います。

国際空手道連盟玄制流成道会 事務局



P7242211.jpg


















1469351999833.jpg























P7242191.JPG


















posted by seidokai at 18:44| 大会成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第49回東京都市町村総合体育大会(空手道競技)成績

7月17日に行われた第49回東京都市町村総合体育大会に狛江市空手道連盟のチームとして参加し、5位の成績を収めました。
心身のコンディションを保ち、試合に臨んだ選手と役員・スタッフの皆さま、お疲れ様でした。
国際空手道連盟玄制流成道会 事務局

1468743038643.jpg













posted by seidokai at 18:38| 大会成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

組手強化特別稽古のもよう(7月9日)

7月9日に行われた「組手強化特別稽古」の模様をお知らせします。
組手強化特別稽古は、元々狛江市大会を照準に少年部会員の組手を強化する目的で始めたものです。特別稽古を通して自信をつけたこども達は、狛江市大会にとどまらず、一人の「選手」として東京都や各区郡市の大会に自発的に出場し成績を収めるまでに成長しました。
また、その過程で得た自信が自覚を持たせ、空手道が重んじる礼節も含め稽古に取り組む姿勢の向上へとつながる良い循環を生み出しています。
今後も稽古と実戦での経験を積み重ね、心身ともにたくましく成長することを願っています。

国際空手道連盟玄制流成道会 事務局


20160709_01.jpg






















20160709_02.jpg

















20160709_03.jpg
























posted by seidokai at 18:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする