2016年11月30日

第23回東京都シニアオープン空手道選手権大会成績(11月27日)

11月27日(日)
第23回東京都シニアオープン空手道選手権大会 東京都知事杯 が開催されました。
この大会は、「生涯、空手道を通じて人格形成を探求する」という観点から、30歳を過ぎて空手道を始め懸命に努力を続けている選手たちの晴れ舞台として、成道会の創始者・成川創師が東京都空手道連盟の役員として設立に尽力した大会です
そのような経緯もあり、成道会にとって特に思い入れの強い大会となっています。

今大会の成績は下記のとおりです。
年齢を理由にせず鍛錬を続け、大会に出場する姿勢は生涯武道を体現するものです。参加された全選手の皆さま、お疲れ様でした。

◎男子形(60歳代の部)
 ベスト8 芝崎博通(成道会指導員)

◎男子組手(40歳〜44歳)
 優勝  山崎 勝(二子玉川)
 準優勝 太田 毅(総本部)

◎男子組手(50歳代)
 優勝  平野知広(総本部)
 3位  高宮 実(二子玉川)

◎男子組手(60歳代)
 3位  浜田哲也(成道会指導員)

◎男子組手 団体戦
 ベスト8 ニッポンファミリー
      木村賢(成道会指導員)、平野知広、小西秀和(狛江)
   ベスト8 フェニックス
      浜田哲也、鈴木士郎(総本部)、太田毅


20161127_01.JPG















20161127_02.JPG















20161127_03.JPG















1483444617285.jpg






























posted by seidokai at 21:45| 大会成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

第40回狛江市民まつりで演武を披露しました

11月13日
一昨年・昨年に続き、今年も狛江市空手道連盟を構成する団体として「狛江市民まつり」のふるさとステージに出演させていただきました。

参加した稽古生総勢50名での基本型の演武にはじまり、玄制流の特徴である「旋回」の基本技術と分解や、指導員と息を合わせた型の演武を披露しました。
結びには、気合に満ちた極め突きを行い、この日の演武を締めました。
この日のために真剣に稽古し、また大勢の方の前で演武を披露し緊張感を体験したことは、こども達にとって良い経験になったことと思います。

1479627576479.jpg
























1479627629357.jpg






















1479627695543.jpg






















1479627738701.jpg






















1479627791517.jpg

























posted by seidokai at 16:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

秋季大田区大会成績

11月6日に行われた大田区大会の成績をお知らせします。

◎型競技
[小学生A](5〜6年生)
 山本歩実     敢闘賞(ベスト8)
◎組手競技
[小学生男子Bの部](3〜4年生)
 福岡淳之介   努力賞(ベスト16)
[一般男子シニアAの部](50才以上)
 平野知広     優勝
 浜田哲也     準優勝

1479025817678.jpg























posted by seidokai at 18:00| 大会成績 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

港区空手道連盟創立50周年記念祝賀会のもよう

11月12日、長年にわたり狛江市空手道連盟と友好関係にある港区空手道連盟の創立50周年を記念した祝賀会にお招き頂き、成道会から5名で参加しました。

全日本空手道連盟の笹川堯会長もご列席される祝賀会は盛況なものでした。

友好区郡市の先生方のご協力なくして、狛江市の大会を毎年開催することは困難です。
これからも友好区郡市とお互いに「助け合う心」で、またともに切磋琢磨し、空手道の魅力を伝えていきたいと思いました。


1479026073585.jpg














posted by seidokai at 17:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

【お知らせ】AEDの設置について

国際空手道連盟玄制流成道会では、稽古生の安全を最大限確保することを目的に総本部道場に11月からAED(自動体外式除細動器)を設置しました。
また、道場の近隣でAEDを必要とする事態が起きた際に大切な生命を助けることができるよう、地域におけるいざという時の備えとしての役割も兼ねています。
今後は、AEDの使用方法を含めた救命技能の講習等を指導員・会員で定期的に受講し、使用するべき時に備えたいと考えています。


1478435199945.jpg


























posted by seidokai at 20:49| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする